2016年4月25日

ブロンプトンはライフスタイルを変える

ブロンプトンを入手した人達の多くが口を揃えて言う言葉があります。

『ライフスタイルが変わった』

これは本当に当を得た表現で、私自身もこの1年でがらりと変わったと実感しています。


何と言いますか、本当に歩かなくなりました(笑)
上の写真を見て頂きたい。芸術的なまでに玄関先に収まっています。

私のようなタワーマンション住まいですと、エレベーター長いわ、自転車置き場は地下で遠いわ、普通の自転車だと外に出すだけで歩く距離も労働量も馬鹿になりません。
しかし、ブロンプトンならそのまま手にとってゲートまで転がし、展開して乗るだけです。逆はゲートで畳み、玄関まで転がして終わり。もう、手ぶらで歩いて出ることの方が非常に稀になってしまいました。

またこれも持ってる方には言うまでもないことですが、輪行(電車に自転車を持ち込む)の簡単さが大きい。電車で自転車を持ち運べることによる行動範囲の広がりは、計り知れないものがあります。先日も天王寺から我孫子まで走って所要をすませ、輪行で天満橋まで戻ってそこから東大阪へ走るといったことをしたり。


そんな、生活の足であるマイブロに新たな武器が!
バスケット、買っちゃいました。海外通販で送料込み8,000円くらいと安かったので。


買い物がかさばるときは、バッグよりこちらの方が断然便利ですね。ただ、Sハンドルにはギリギリ干渉するのでちょっと注意が必要でした。


手持ちのバッグそろい踏み。Sバッグのフラップが派手なハリスツイードになっていますが、これは年始にヤフオクで落としたもの。これから暑くなるので、また純正に戻します。それより何か変だと思いませんか?(猫じゃないよ)


ここ! 従来のSバッグでは直付けだったショルダーが、着脱可能になりました。
実は上で我孫子に行ってたのは、これのため。靴とカバンのリフレッシュ工房さんに持ち込んでお願いしました。5cm幅のDカン、ナスカンは日本では一般的ではないそうですが、何とか合うパーツを探してくれました。作業料金は4,700円。


ショルダーを使わないときは、片方を外してこんな風に内側へ。


輪行時はこんな風にカバンから外し、颯爽とブロンプトンの On Yer Shoulder に繋いで肩にかけるのです。あ、もちろん実際にはちゃんと袋に入れますよ?
最近、JRで輪行しているブログで、明らかに一部が露出したものをよく見るのですが‥‥。少なくともJRではルール違反ですからね?

さて、上の写真はお馴染み Cat Cafe 鮪 にて。先日開かれたタコヤキパーティにお邪魔してきました。


お客さんの7割くらいが自転車乗りでしたが、この数!
なのに、このスペースに収まるというコンパクトさ!


なお、特に高価な一台(額面およそ38万円)が天井から吊され、晒し者になっておりました。


ロール「わてには理解でけん世界や‥‥」


ミッコさん、今日は特に大人しいけど大丈夫ですか?


あ、大丈夫みたいですね。どうしてそんなにタコヤキでテンション上がるんですか?


なお、準備中からテンションの高い猫たち。
本日も美味しゅうございました。


今回は我関せずと高みの見物のべる太。顔恐いんだけど?
よく見たらこの子の柄、デビルマンなんだよなー。


カメラに猫パンチしながらの大あくびで〆!